アジア圏のカジノで人気のシックボーとは

シックボーは、大小やタイサイなどともいうギャンブルです。元々は中国古来のサイコロゲームとなっておりますので、やはりアジア圏のカジノなどで人気があります。ディーラーがサイコロを3つ同時に振って、その出た目を当てるのがシックボーの内容になります。人間が振るとどうしても賽の目をコントロール出来てしまう部分がありますので、容器の中に入れられて機械によってサイコロを振るようになっております。

シックボーには色々な賭け方があります。最も単純なのが3つのサイコロの出目の合計が4から10の場合を小、11から17までを大と呼び、どちらかを選ぶ賭け方です。配当は一番低い2倍ですが、シックボー初心者は大小から始めるのがおすすめです。

他にも3つのうち2つの出目の組み合わせを当てるペアや、1から6のどれかの数字を選びサイコロ3つのうち1つでも当たっていれば勝ちのシングル・ストレート・ナンバー、3つの合計数字を当てるトータルなどがあります。色々な賭け方があり、少ない金額で勝とうと思ったらシングル・ストレート・ナンバーかペアなどにチャレンジするのがおすすめです。他にもカジノには魅力的なゲームがあります。カジノ大学では、色々なゲームを紹介しておりますので、ぜひチェックしてください。
https://casino-univ.com/TmcwC