ファクタリング会計と通常会計

実際にファクタリング会社を利用した場合と、利用しないで売掛金の期日を待った入金の場合の会計処理を見てみましょう。
勘定科目にはそれぞれ経理のやり方で名称が変わりますが、処理方法としてはすべて同じことになります。
売掛金額が500万円で、割引料を2%として期間を3ヶ月間とした場合の処理方法となります。
1つ目は勘定科目を売掛金として上げる場合は、売掛金債権発生時に売掛金で500万円、売上で500万円を計上します。
通常の支払いの場合は、現金500万円で売掛金500万円を処理することになります。
それに変わり期日前支払いをされている場合は、現金449万円+支払い割引料1万円となり売掛金500万円を処理することになります。
別の経理では、売掛金ではなく未収金として取り扱う場合、売掛金債権発生時に未収金で500万円、売上で500万円を計上します。
通常の支払いの場合は、現金500万円で未収金500万円を処理することになります。
それに変わり期日前支払いの場合は、現金449万円+債権売却額1万円となり未収金500万円を処理することになります。
これが、一般的な通常計上とファクタリング会社を使った場合の会計計上となりますが、会計処理によっては、科目を細分化したケースもあります。おすすめはコチラ