ターンテーブルの買取を依頼するときに気をつけたいことは

DJ機器のひとつとして知られるターンテーブルですが、これを買取してもらいたいと思ったときにはどのようなことについて意識するのが良いのでしょうか。
まず、傷、汚れについてきちんとみておきたいところです。
これらについては、ほんの少しであれば特に気にされることはありませんが、ある程度の大きさになると、それだけでもかなりの査定ダウンになってしまいます。
特に、ターンテーブルの場合だと、買取金額は安いのに、ちょっとした傷も見逃さないこともあって、結局買取不可に鳴ってしまうお店もありますから気をつけたいところです。

それから、付属品があるかどうかのチェックも欠かさないようにしましょう。
付属品というのは、とても大事なもので、一個でもかけているとそれだけでもやはり査定ダウンになってしまいます。
また、純正のものと別のパーツに変えている場合もそれに該当することがありますから気をつけましょう。
箱やマニュアルについても同様で、欠けていたり折れ曲がったりしている、汚れがひどい、日焼けしているといったことでも査定に響きますから気をつけましょう。
それから、原則として、リサイクルショップのようなところは避けて、極力楽器屋さんに持って行きましょう。http://kaitori-gakki.net/info06.html