芸能人が自らニュース源になる時代

かつて、芸能ニュースといえばテレビや雑誌の芸能担当記者が尾行したり、張り付いてスクープを集めてきたものです。
芸能人たちは有名税と半ば許容しながらも、時に追いかけられることに激怒したり、名誉棄損などで訴えるなど裁判沙汰のトラブルになるケースもありました。
一方で、追いかけられないと寂しいと、自らスクープネタを提供したり、どんなにしつこくプライベートに密着されても礼儀正しく対応するタレントさんもいました。
今でもその状況は変わってはいないものの、大きく変化が起きている点もあります。
ネット社会になり、さらに芸能人自らがブログやツイッターなどで気軽に情報配信をする時代になり、芸能ニュースにも変化が起きています。
芸能人がテレビや雑誌のインタビューや番組などを介さず、ファンに向けて情報を配信したり、自分のプライベート写真やエピソードを公開するなんて昔では考えられませんでした。
ですが、今やそれが当たり前になっています。
芸能リポーターなどがスクープするより早く、本人を通じてファンや一般人が知っている時代です。
そんななか、最近では芸能ニュースの中にも、自らの足で取材したものではなく、芸能人本人のブログが記事ネタのニュースも増えています。